スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田も島津もやっぱり強かった

今回はまたまた・・・連合です。
以前と同じく、島津の方々ですが・・・勢いがあるなぁっとシミジミ感じながら、石田もやっぱりこれまで攻めた他の国とはわけが違い、改めて強さを感じました。


さて前回、陣取りゲーは好きと言った物の、結局相手側にその意思はなかったようで、一方的な陣処理ゲーとなってしまいましたが、今回は違いました。


ただ、あまりに忙しなかった為・・・正直よく覚えてないのですw


そこでうる覚えながら、報告書を見つつ振り返ってみます・・・。


寄せだしたのは前日、合戦準備段階ではすでに盟主横付けまでいったものの・・・。


Screenshot_6_20120614164628.jpg

朝から猛攻にあい、ぼこぼこで御座います。

自分たちがしていたことを、思いっきりされましたヽ ( 。 _ ゜ ) ノ

陣の寄せ方もしっかりしないと駄目だと、しみじみ思った結果ですが・・・当然このまま引き下がるわけにはいかないので、いったんは少し離れた場所に固まりつつ、同盟員が集まりだす夜を待ってみたのです。

そのまま、だらだらと時間は流れ・・・。

夜19時頃、先に動き出したのは相手でした。
本音を言えば、こちらも19時頃には動き出したかったのですが、いかんせん人がどうしても集まらない・・・w

ログインしてる人で動いても良かったのですが、やっぱり大勢で攻めた方が盛り上がるだろうと思い我慢


相手の左側から詰め寄ってみたのです。

初めのうちは


Screenshot_17_20120615100614.jpg

順調に防衛陣も潰し、同時に無血陣も潰していけたのですが、上記攻撃中にも


Screenshot_18_20120615101328.jpg

こうして、こちらの2名が潰されていました。

この時1番気になっていたのは、雷華の一段が固まっている後ろにある陣だったのです。
これは、以前の島津戦の時に学んだのですが、今回も時間の都合により前に進む事にしてみました。


Screenshot_9_20120615102453.jpg

多分、これが最後の1撃


この後は相手のノックにより、最前線に送った加勢がばれてしまい。
横付けされていたあたしの陣は、兵を慌てて戻すも相手の速度部隊により破壊され、その後


Screenshot_14_20120615102933.jpg

相手の合流により、金獅子さんとなすおさんの加勢も虚しく潰されたのでした。

この時、すでに12時近くになっており、再度進行再開するには時間的に厳しいものがあったので、ここで撤退。

結果的には、本領攻撃にまで至らなかったわけですが・・・こんなに抵抗してくれた同盟はこれまでなかったので、負け惜しみにも聞こえるのでしょうけどもゲームとして本当に楽しかったですw

あえて言うなら、あの重さがなければもっと楽しめたんじゃないかなっと・・・サバの重さが苦痛で攻略に集中するにも『合流ちゃんとできるかな』と言う余計な不安がよぎってしまうのが、本当に今の残念な状態だと思います(*/..)o



気持ちを入れ替えて二日目

初日に落とした盟主が起き上がっており、初日は加勢が少なく意外なほど呆気ない結末だったのですが、流石に起き上がるという事は加勢入れてきたんだろうなっと思いながらも、早朝からいってまいりました。

ただ、初日は7人ほどいたのと、相手の加勢が少なかったので陥落まで2発で終わった為、相手の追加加勢がなかったのですが、二日目は5人ほどでしたので2発で終わるどころか、加勢増加も考えると・・・追加加勢がない状態で4発は入れないと厳しいと判断。


案の定、ノックを入れてみると前日に比べると多いっぽひ
加えて、近辺の加勢陣の方々は数名アクティブ状態。

これでいきなり突っ込むなんてできません。

よってちょっと周辺陣処理からでした。

陣処理終わっていざ突撃

Screenshot_24_20120615110950.jpg

案の定、1発目の2軍は負けているものの・・・2発目の1軍は快勝!
その後は、いつも通りの流れで

Screenshot_25_20120615111325.jpg

思ったとおり4発目で無事陥落となりました。


夜は夜で、『個人的な大失態』をしてしまい、同盟員に迷惑をかける羽目に・・・。
反省しておりますが、こういう事をいつまでも引きずるとどんどん衰弱していくタイプなので、頑張って近々忘れる予定です(*/..)o

余談ですが、吹っ切る為にいつも『無理矢理ポジティブ』に考えるようにしております。
今回も、同盟員のおかげでこの無理矢理ポジティブに考えれそうです。


こうして、若干のトラブルはあったものの無事攻撃を開始した最後の盟主戦

ある種、冒険気味ではありました。
というのも、これまで雷華で攻撃してきた加勢規模とはちょっと差があり。
どうなるのか、よめなかったのです。


こうして、重い中初めに突っ込ませたのは剣豪合流
相手の兵数が多いのであれば、惨敗でも2%削れるのは大きいです。


Screenshot_26_20120615113453.jpg

剣豪8合流・・・思ったより・・・削れてる・・・w


こうして、ドキドキしながら2軍と1軍をぶつけてみました(U_U。)

Screenshot_27_20120615113902.jpg

この報告書を見て、『あ・・・いけそう』と思っていた気持ちが膨れ上がりました。
何より大きいのは、『負傷』がないことなんですが、確認してみると・・・負傷はしてないものの、半数の人が兵0で強制解体される模様w


Screenshot_28.jpg

1軍着弾、早くも相手の方が被害多い状態。
1軍の騎馬鉄強すぎでしたw


Screenshot_29_20120615121022.jpg

再度生き残った2軍をぶつけ、相手に負傷でました。
94はなかなかの数ですねぇ。


Screenshot_32_20120615133035.jpg

最後の1軍衝突時に、相手盟主さんがソロで受けてたったのか解りませんが衝突致しました。
こうして、無事に盟主戦を乗り切る事ができました。


いやぁ・・・お見事ヽ ( 。 _ ゜ ) ノ

同盟順位は1位、戦功も10位以内のうち6名が雷華入賞、総合も5名が雷華入賞と言う、見事な結果となりました。


Screenshot_33_20120615133816.jpg


Screenshot_34.jpg

あ・・・またカローラ3台の人が・・・この人の追い上げいつも半端ないですね・・・w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
IXA用ツイッター
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。